東京ドーム公演中止、ファンモン加藤「気持ち誤魔化してまでステージ立てない」

印刷

   東京ドーム公演の中止を発表した音楽グループ、ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤が4月22日(2011年)のブログで思いを綴っている。

   この日公式サイト上で、7月20日に予定していた東京ドーム公演の中止を発表した。東日本大震災の影響で「被災された方々を思うとき、まだまだ自分たちの中に迷いやためらいがある事に気づき、初の東京ドームという大きなステージへの挑戦は、万全な態勢の中臨むべきだという結論に達しました」としていた。

   加藤はブログに「みんなへ」と題した文章を掲載。東京ドーム公演を自身も楽しみにしていた。だからこそ「しっかり地に足が着いた状態で」やりたい。少しでも迷いがあればいつも通りのライブができないとし、「自分たちの気持ちを誤魔化してまで立つステージなんて、ファンモンらしくないって思ったんだよ」。ただ、東京ドームでの公演を諦めたわけではないといい、「その日が来るまで、俺たちは頑張る」「だから、どうか待ってて下さい」と綴った。

   コメント欄には「皆さんの気持ちよく分かります!」「先に延びた分、楽しみな気持ちが何倍にもなるよ!」といったものが1000件以上寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中