福島原発周辺に新たに正断層「直下型地震の危険」

印刷
「なぜ、私たちが東京のためにこんな目に遭わなくてはいけないのか」

   東京電力・福島第一原発事故の避難住民にしてみれば、まったく割り切れない思いだろう。では、福島原発を襲った地震はどんなものだったのか。

   東京大学地震研究所の石山達也教授は、「正断層が起こり、下に引っ張られる力が事故を起こすきっかけとなった。3月11日以前は福島第一原子力発電所の周辺には正断層はなかった」と解説する。

   正断層とは水平方向に引っぱる力がかかっている場所に存在する。そして、地下に斜めに入った割れ目を境に、片方が他方の上をすべり落ちるような方向で動いてできる。これまでは九州中部の火山地帯に見られるとされていたが、今回は福島原発周辺でこれが起きたというのだ。

中野岳断層の50キロメートル先

   さらに、井上貴弘リポーターの福島県の現地から「12~3年前までは、この中野岳断層と呼ばれる断層はなかったと言われていますが、いまは大きな亀裂が地面に入っています。この50キロメートル先に福島原発があります」と伝える。

見直す必要

   つまり、東日本大地震の余震ではなく、新たにできた正断層で地震が起きる可能性があるということだ。それも福島原発の周辺が震源地というのだから、原子力発電所は今度は完全にぶっ壊れる。

   司会のみのもんたは「今回の原発事故が起きてから、どの電力会社も自分たちの原発は絶対に安全だとは言っていない。現在、沖縄を除いて54基の原発があるが、改めて安全性を見直す必要がある」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中