24時間テレビ徳光和夫がマラソン「70歳70キロ」心臓大丈夫か

印刷

   日本テレビ恒例の「24時間テレビ 愛は地球を救う」で24時間走り続けるマラソン走者に今年古希を迎える徳光和夫アナが決定という自社ダネをトップで取り上げた。本人はやる気満々。

「40余年司会をやってきて、取り組むということが希薄になり、こなすようになってきた。今回この話をいただいた時は、しゃべり手としてではなく放送人として最後の取り組みかなという気がした」

   主治医を含め3人の専門医に診断してもらった結果、お墨付きをもらったというが、10年前に心筋梗塞で入院したことがある。現在、身長164・5㎝、体重70㎏とかなり太め。24時間テレビは8月20日、21日放送で、4か月後。専属のトレーナーは「体を動かすことから準備して、4か月でランニングできる状態にしていく」と言い、本人も「それまでに7キロ減量して63kgを目標にする」と意気込んでいる。

関心は完走かリタイアか

   スタジオでは、勝谷誠彦(コラムニスト)が「今回の震災で60歳以上方にはもう1回頑張ってほしいと思うが、切り札を出してきた。『24時間テレビ』って正直なにをやってんだと思っていたが、今年は新鮮に感じる」と珍しくエールを送る。

番組の切り札

   キャスターのテリー伊藤「徳光さんは若いね。しわがないし髪の毛もある。ただバクチ好きでね。自分自身に賭けるんじゃないですか」

   となると、オッズの投票は、完走より何時どこで歩きはじめてリタイアとなるかかな。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中