「福島原発と呼ぶな」釈然としない福島県民―電力使ってるのは東京

印刷

   未曾有の大震災とそれに伴う原発の深刻な事態をどう伝えるか。テレビに限ったことではない。新聞、週刊誌、インターネット、ラジオ、あらゆるメディアが自問自答しながら番組をつくり、ニュースを流している。日々のこうした絶え間ない報道を、伝えられる側はどう受け止めているのか。司会のみのもんたは、けさ(2011年4月26日)の「朝ズバ!」でふたつの声を紹介した。

東京電力福島第一原子力発電所

   一つは原発の呼び名のことだ。「福島の原発、と私、言いましたが、事務所の方にたくさん、いただきました。フクシマ、フクシマ、フクシマ、いいけれど、正確に東京電力原子力発電所をいれてほしい、なぜ、東京電力を省くんだ、といわれ、私もこういう仕事をしながら、複雑な気持ちになりました」

災害報道にふたつの声

   事故発生から1か月以上たち、ついつい「福島原発」と略して呼び、そう表記する。正式には「東京電力福島第1原子力発電所」。確かに、この「東京電力」があるとないとでは印象が違う。福島原発の電力は東京はじめ首都圏に供給されているのに、まるで「福島県の、あるいは福島県のための原発」というような誤解を与えかねない。「フクシマ、フクシマ」と言われるたびに、釈然としない気持ちを抱く福島県民が少なからずいたに違いない。事務所へ届いた声はそうした県民の思いの表れだったのだろう。

   コメンテーターの杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)や三屋裕子(スポーツプロデューサー)もうなずいて聞いていた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中