原発避難エリア置き去り家畜餓死「牛4000頭、豚3万頭」

印刷
「助けることはできなかったんですか」

   司会のみのもんたが問いかける。東電・福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域内に残された家畜のことだ。

   ビニールを食べようとしている牛がいる。大半は衰弱して死んでいる。養豚場のブタは全滅状態。死体に挟まれて動けなくなっている豚もいた。今月初め、現場に入ったフリーカメラマンの太田康介は、「まるで地獄でした。家畜は悲惨のひと言です」と語る。

チェルノブイリ、新潟中越地震では救出

   福島県は死んだ家畜を消石灰で消毒し、衰弱した家畜は所有者の了解を得て殺処分することにしている。畜産農家にとっては牛や豚は家族同然だ。

「一定の範囲で一律に処分されるのは残念でならない」
「声もかけてやれなかった。ごめんなさいという気持ちでいっぱいだ」
人間の勝手で!

   そんな複雑な思いを打ち明ける。

   2004年の新潟県中越地震では、孤立した旧山古志村から1227頭の生存していた牛をすべてヘリコプターで救出した。延べ飛行回数440回。費用は1億5000万円かかった。空を飛んだ牛はいまも農場で生存している。ロシアのチェルノブイリでも30キロ圏内の牛1万3000頭、豚3000頭が人間と一緒に1100台のトラックで避難した。

   今回、福島原発から20キロ圏内には4000頭の牛と3万頭の豚が飼育されていた。農林水産省の担当者は「ロシアのような広大な土地があれば移動させることができたかもしれないが、日本の場合は山があって、適当な牧草地が見つからないのが実情。心が痛むが、いい手段がなかった」と話している。

計画的避難区域にも1万頭

   これを聞いてみのが怒った。

「私から言わせれば、これはウソ。北海道にいま遊休地となった元牧場が何か所あると思いますか。はっきり言わせてもらいますが、そういうことを農水省のお役人は知らないのですか。人間、自分の勝手でこれだけの家畜を餓死させる。どっか違うんじゃないですか」

   コメンテーターの杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)「ただ、原発災害の特徴として先が見通せないところがあった。とにかく、人間だけでも避難しなければならない。そういう状況の中で家畜が取り残された」

   福島県ではこのほか、計画的避難区域にも肉用牛、乳牛合わせて約1万頭が飼育されているという。この牛の移動も大きな問題だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中