田中好子「お別れテープ」酸素マスク外して夫と録音

印刷

   スーちゃんの肉声が流れたのは衝撃だった。きのう(2011年4月25日)青山斎場で行われた元キャンディーズの田中好子さん(享年55)の告別式。テープは 3分20秒。「モーニングバード」もノーカットで伝えた。

   夫の小達一雄さん(56)が「女優田中好子の第1章は残念ながら幕をおろしましたが、第2章第1幕をいま、スタートさせて上げたい」とカチンコを鳴らしてテープが流れた。

「一さん、よろしくね。さようなら」

   「こんにちは、田中好子です」とか細い声だ。

「きょうは3月29日、東日本大震災から2週間が経ちました。被災された皆様のことを思うと、心が破裂するような……、ご冥福をお祈りするばかりです」
 「わたしも一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると負けてしまうかもしれません。その時は必ず天国で、被災された方のお役にたちたい……。きょうお集りいただいている皆様にお礼を伝えたくて、このテープを託します」
残していたんですね

   ああ、自分の葬儀を思い描いていたんだと、会場は凍り付いた。

「キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間お世話になりました。幸せな幸せな人生でした。心の底から感謝しています。とくにランさん、 ミキさん、ありがとう。2人が大好きでした」
 「映画にもっとでたかった。テレビでももっと演じたかった。もっともっと女優を続けたかった。お礼の言葉をいつまでも皆様に伝えたいのですが、 息苦しくなってきました」
 「いつの日か、妹夏目雅子のように、支えてくださった皆様に、社会に少しでも恩返しができるように、復活したいと思っています」

   復活したいんだ、生き足らなかったんだ。55歳は若すぎるものね。

   そして最後、夫に「一さん、よろしくね。その日まで、さようなら」。消え入るような声だった。

「美しい言葉。永遠に残る」

   司会の羽鳥慎一「テープに残していたんですね」

   芸能レポーターのみといせいこ「病室で酸素マスクをはずして、体調が比較的いいときだったそうですが、ご主人と2人だけでなさったと。きのう会場の外でも聞こえましたが、はじめはいままでのテープを編集したものかと思っていたら、3月29日というので、取材陣もみんな泣いちゃって……」

   キャンディーズ世代の舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「何と美しい言葉かと思いますね。永遠に残る言葉になると思います」

   さて、名もなき市井の人間は、どんな言葉が残せるだろう。とくに生き過ぎてしまうと、これがなかなかむずかしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中