「DASH村」TOKIO「地元・浪江町の皆さんに会いに行きます」

印刷

   福島原発の「計画的避難区域」に指定され、とうとう「DASH村」が戻れる見通しが立たなくなった。日本テレビ系の人気番組「ザ!鉄腕!DASH!!」の中で、TOKIOのメンバーや周辺の住民たちで作ってきた「DASH村」は、東日本大震災の直接の被害は受けなかったものの、福島原発の放射能汚染の避難区域にあったため、村人スタッフ、番犬やヤギ・ヒツジも避難した。

みんなで村を取り戻す

   4月24日(2011年)の放送で、リーダー・城島茂はDASH村で山口達也とロケ中に震災に遭遇したと話し、震災以後の事情を説明した。避難生活を送っている浪江町民にも会いに行き、村で世話になった漬物名人・三瓶孝子さんの仮住まいを訪ねると、「これだけはもってきた」と孝子さんが見せたのは10年前に一緒に撮った写真。城島はお土産に持ってきた守口大根(前回の放送で訪れた愛知県の農家からもらったもの)を一緒につまみながら再会を喜んだ。

   他のメンバーも、「10年近くやってきて思い入れもある。俺らの気持ちは変わらない」(長瀬智也)、「(町の人たちに)家族みたいにしてもらった。時間をかけてゆっくりと、なんとしても戻さないといけない」(松岡昌弘)、「皆さんが無事なのは知っていたが、その後どうしているか心配」(山口達也)、「お返ししなければならない。そのためにもなんとしても(DASH村を)取り戻さなければならない」(国分太一)などかたる。

   近々に城島以外のTOKIOメンバーも避難先にいる浪江町の住民たちに会いにいくことになりそうだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中