赤江珠緒スッピン登場!「造顔マッサージ」ビフォーアフター

印刷

   赤江珠緒キャスターが身体を張って挑戦する「Aウーマン」。きょう(2011年4月28日)張ったのは顔だった。きっかけは19日のオープニングのこんなやり取り。

顔濃いので化粧強いと女装してるみたいな…

   タレントの松尾貴史が「たった15分で!」と驚くと、赤江は「顔が濃いので…。時間をかけると、女装しているみたいになってしまう」

化粧は15分程度
化粧は15分程度

   これにはスタジオ中が大爆笑。

   というわけで「Aウーマン」に選んだのが、「造顔マッサージ」の田中宥久子さん(65)。1日3分で10歳若返るというゴッドハンドの持ち主で、本の売り上げが累計220万部。黒柳徹子さん、郷ひろみさんらも看ているという人気だ。

   元カリスマキャバクラ嬢の立花胡桃(作家)「わたしもDVD持ってます」

   松尾「実際お目にかかったら40代後半にしか見えないですよ。そもそもが、女優さんが『顔がむくんじゃって』というのを看ているうちに思いついたというんでしょ」

   造顔マッサージとは、顔の筋肉を鍛えて老廃物をリンパに流すという画期的な方法。いわゆる美容マッサージの常識をくつがえして、痛いほどの圧力を加えるのだという。赤江はそのマッサージに挑戦するのではなく、顔を差し出すという趣向だった。

   訪ねたのは都内の田中の自宅兼アトリエ。田中さんは赤江に「テレビで見る時もチェックの目で、あれきょうはとってもむくんでるとか、スレンダーだとか」

   赤江「日によって顔が定まらないんです」

   田中「むくみやすい方だと思ってました」

   赤江「バレてましたか」

   赤江が羽鳥の写真を持ち出して、「しっかりした顔立ちの華のある方で、私はその横に立たなければならない。このバランスが朝にふさわしいように」

   田中「羽鳥さんにも来ていただきたかった。羽鳥さんもとってもむくんでらっしゃいます」

   赤江がカメラに向かって「むくんでるそうです」

   田中「きれいそうに見えるでしょ。これ全部むくみですから」

   これには赤江大喜び。

   そして、マッサージのために赤江がスッピンで登場。カメラに「ちょっと離れて、遠目で」。田中は「きれいなスッピン」と言いながら、頬をつまんで「ここに脂肪がたまってます。これいらない」

   赤江「エッ、いらないんですか」

   田中「それは筋肉じゃなくて脂肪」

   赤江「頬の肉じゃないんですか」

   田中「肉だったらもっとシャープになります」

「イタタタタタ!」で顔サイズ小さく

   マッサージが始まったが、頬の三角のところがカギらしい。赤江は「痛い!痛い!痛い!」と悲鳴を上げる。

   田中「脂肪はすべて痛いんです。ここを改善すれば若い顔になります」

   赤江の顔にクリームをつけてグチャグチャにマッサージ。

   赤江「イタ気持ちいい」

   田中「えくぼをきれいに出しましょう」

   赤江「ただの穴ぼこだと思ってました」

   マッサージが終わって、 顔に触った赤江「サイズが小さくなった」

   長さで1cm、幅で1.4cm小さくなっていた。

   赤江「しゃべってても、前はもっとムニムニしてましたね」

   スタジオにマッサージ前後の赤江のスッピン写真が貼られ、ひとしきり赤江がマッサージの指導をしたが、皆神妙だった。

   田中がこれを思い立ったきっかけというのが、俳優からの「田中さんは58歳?」のひとことだったそうだ。そのとき、まだ42、3歳。その時、筋肉を強化すればいいと気づいたというから、やはりただの人ではなかったわけだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中