3試合勝ち星なしソフトバンク和田毅 「詰め甘い」

印刷

   プロ野球・ソフトバンクホークスの和田毅投手が4月28日(2011年)のブログで、開幕から3試合、勝ち星がつかない胸の内を書き込んでいる。

「ここ3試合勝てておらず、チームにも迷惑かけていますし、ファンのみなさんにもご心配かけて申し訳ない」

   開幕投手をつとめた和田だが、緒戦はオリックス・木佐貫洋と投げ合うも引き分け。2度目の先発は楽天・岩隈久志投手と対戦したが、勝ち負けがつかず。26日の日ハム戦はダルビッシュ有との勝負で、完投したものの今季初黒星がついた。いずれも僅差の試合である。

   試合を振り返り本人は「自分の詰めの甘さがでている3試合でした」と総括する。3試合とも相手は各チームのエースばかり。味方の援護が少ないのは想定内で、むしろ味方が点を取ってくれるのに、それを守りきれない自分が情けないという。

   ただ、それぞれのチームのエースと投げ合い、苦しい中で勝つことの喜びは「格別です」。そういう場面で投げられる喜びを感じつつも、「しっかり結果に変えられるように」と気合いを入れ直している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中