2018年 7月 20日 (金)

坂上忍の「毒」 ビンラディン殺害「なぜ歓喜できるのか」

印刷

   タレントの坂上忍は、5月3日(2011年)に「たまには毒を…」というタイトルのブログを更新した。

   記事は、国際テロ組織アルカイダの指導者で、9・11同時多発テロ首謀者のウサマ・ビンラディン容疑者が殺害され、アメリカ国民が歓喜していることに触れ、

「歓喜していい方がいるとするならば、遺族に限ると、わたしはおもうのであります。
9.11で身内が死んでいない者達が、何故、歓喜できるのか?」

と疑問を呈している。

   そして日本人も多く死亡しているが、日本の遺族が歓喜しているとは思えないとした上で

「日本は、素晴らしい。
欠点も腐るほどあるが…わたしは、卑屈な国:日本が大好きなのである。」
「ここまで我慢強い国民が、いるだろうか?
これは、アジア特有…いや、被爆国=敗戦国ならではのモノとおもえる。」

とつづっている。読者からは、

「そんな毒をはく忍さまが相当好きです!」
「日本にいて日本人でよかったです」
「武器には武器…じゃぁなく、近寄って話し合いは出来なかったのだろうかって思う…」

と、賛同や共感のコメントが寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中