2018年 7月 22日 (日)

マギー司郎タネばればれが大受け!被災地「こどもの日」

印刷
「久しぶりで聞いたんですが、ああいう子どもの本心が出てくるといいですね」

   マギー司郎が手品のタネがすぐにバレてしまい、子どもたちから「セコい」「インチキ」と詰め寄られたのを喜びながらこう漏らした。

   まだ1200人以上の被災者が避難所暮らしをしている宮城県亘理町。東京のベンチャー企業の協力で、子どもの日の5日(2011年5月)、復活祭と銘打って様々なイベントが行われた。

   その一つとして、得意のマジックを披露したのがベテランマジシャンのMr.マリックとマギー。子どもたちの目が釘付けになったマリックのスプーン曲げに続いて、マギーが瞬間移動でサカナが左右に入れ替わる手品を披露すると、客席の子どもたちから「セコい、スゴくない」「インチキ」の鋭い声が上がり、舞台に上がってマギーに詰め寄る子どもも出る始末。たじたじになったマギーは「インチキって、これ仕事じゃん」

Mr.マリックには「スプーン曲がってビックリ」

   終わって子どもたちの感想は、「楽しかった。スプーンがクルっと曲がってビックリした」、「(マギーの)セコ技がすごかったです」

いいですね

   マギーも「(インチキという声は)久しぶりに聞いたんですけど、ああいう(子どもの)本心が出てくるといいですね。目の前でバンバン出てくると、一瞬でもいろんなことを忘れるかなと思って、よかった」喜ぶ。

   マリックも「この日のために、こういうマジックをやってきた。やってきてよかった」と感慨深げだ。

   各地のイベントの取り上げ方がとりとめがなく漫然としていたためか、スタジオの反応は司会の加藤浩次が「各地でイベントがあったが、いいですね」だけだった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中