「2000本」小笠原ココがすごい 原監督が感心したこと

印刷

   5月5日(2011年)、東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対阪神タイガースの試合で、ジャイアンツの小笠原道大が2000本安打を記録した。監督・原辰徳は、この偉業をたたえるとともに、1番印象に残っているというエピソードを5月6日のブログに綴った。

   ある地方遠征が雨で中止になった日のこと。他の選手は一刻も早く帰るためにバタバタと準備する中、小笠原は宿舎に帰ってしっかりアイシングやマッサージなどの治療を施していたという。そして翌日の試合では阿部(慎之助)が腰痛で欠場。原はそれを受け、ある選手に、「ガッツ(小笠原)を見てみろ。家に帰ってしっかり休むのがダメだとは言わないが、不安のある箇所があるなら、それをしっかりケアしろ」と一喝したそうだ。

   小笠原がチームの財産として残してくれたのは何よりも「野球に取り組むプロとしての姿勢」だという原は、彼の2000本安打を勝利で飾れなかったことを悔しがった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中