杏、倉科カナがばらす「ドラマにできなかったママ友凄まじすぎるエピソード」

印刷

<グータンヌーボー(フジテレビ系水曜よる11時)>女性芸能人の女子会トークでお馴染みの「グータンヌーボ」が、最近パワーアップしている。合コン終了後、男女に分かれて開かれる反省会を観察する「反省会グータン」や、ゲストと一緒に料理を作る「クッキングータン」など、新しい企画が続々と登場しているのだ。

   今回の「クッキングータン」では、MCの江角マキコとゲストの杏、倉科カナが料理を作る。料理が得意な江角は2人を鋭く観察。「生クリームを使わずに、アボカドだけでカルボナーラを作ります!」と素晴らしい包丁さばきで料理を始めた杏は褒めるが、「デザート作ろうかな」と言う倉科には「まぁ、いいよ」と不満そうである。最終的にチーズケーキを作ることになった倉科が、「土台にクッキーが欲しいな」と言うのを聞いて、「スーパーで買ってくれば」と言い放つ。なぜか倉科には冷たいのである。

試験の日にライバル宅に119番要請

    なんとか各々の得意料理が完成し、いざメインの恋バナへ…といきたいところであるが、話はゲストの2人が出演しているドラマ「名前をなくした女神」のテーマにもなっている『ママ友』の現状で盛り上がる。お受験のライバルだと、試験当日に相手の家に消防車を呼んで試験に間に合わせなくしたり、入学辞退の電話を勝手にかけたりするのだという。ドラマのために取材したのに、実状が凄まじすぎてドラマにできないエピソードがたくさんあるのだそうである。子ども育てるだけでも色々あるのに、ママ友との付き合いもあって、世のお母さんたちは大変なのですね。このVTRを見ていた優香は、「子ども生みたくなくなる」と叫んでいたが、ごもっともである。

    余談だが、「名前をなくした女神」というのは親になると「●●ちゃんママ」「××くんパパ」と呼び合うようになり、自分の名前で呼ばれることがなくなるところからきているらしい。なるほど確かにと思っていたのだが、我が母はそんな呼ばれ方もされなかったし、お受験にも無縁だったから何もなかったと言う。人によるのか時代の違いか…。

    結局、今回はあまりグータンらしい恋バナがなく終わってしまった。いつか「ママ友の会観察グータン」をやってほしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中