2018年 7月 21日 (土)

ハワイ・米西海岸に震災がれき漂着-だれが処理するのか?

印刷

   東日本大震災で発生したがれきの処理方法がこのごろ、新聞各紙の話題となっており、番組司会の小倉智昭もオープニングトークで「がれき」問題を取り上げた。

   国内のがれき処理については「国がやるのは当然」とする一方、海に流れて外国に漂着する予定のがれきがある。これをどうするのか。

1~5年後に太平洋渡って…

   今日付の朝日新聞記事をオグラが伝えるところでは、海のがれきは流れに乗って東へ向かい、1年後にハワイ、3年後に西海岸に到達する。と、そこまでは以前からたびたび報じられてきた話だが、西海岸に行ったがれきは、今度は西へ行くのだという。5年後、ふたたびハワイに来、美しい砂浜に大量のがれきが打ち上げられるのだそうだ。

お願いするしか…

   「これ、ハワイ州のみなさんに『すいません、処理してください』と言えるモノなのか。出所は日本の津波とわかってるわけですからねえ」と逡巡するオグラ。最後は「やはり(がれきが漂着した)各国にお願いして処理するしかないのかもしれない」と締めくくったが、オグラがつねに気にかけるおカネの問題には言及しなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中