浜岡原発にオンブにダッコ…地元・御前崎市の困惑

印刷

   菅首相が浜岡原発(静岡県御前崎市)の運転を停止するよう、中部電力に要請。東海地震の発生が高い確率で「想定」されているためだというが、番組によれば「原発の町」には波紋が広がり、困惑も見られるという。

市歳入4割、飲食客6割、雇用1200人が原発関連

   番組が御前崎市を取材したところ、山間に突如として巨大なウォータースライダー付の市民プールが出現。「こんな場所にこれがあるんですねえ」と岸本哲也リポーターが驚くこのプールのほか、総合運動場など、原発のある自治体に配られる交付金「電源立地交付金」を基につくられた施設があるという。

   市民の1200人が原発関連企業で働き、市の財源のうち、原発関連の歳入は4割超。「もし今後停止が続いたら、雇用がどうなるのか」と話す市民もいた。

   原発周辺の飲食店などは不安を隠せない。「6割ぐらいが原発関係の会社のお客さん。商売やってる身としては辛い」と飲食店店長。居酒屋店長は「僕らはそれで生活させてもらってるからね。ちょっと大変な問題」と原発頼みの生活を打ち明けた。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中