亀田興毅「串カツ、ラーメン、ざるそば、ステーキ、寿司」まだ食い足りん!

印刷

   5月7日(2011年)、TKO勝ちで初防衛に成功したボクシング・世界バンタム級王者の亀田興毅。辛い減量生活から解放された反動もあってか、ブログでは連日食べ物の話題が続いている。

「食べても食べても腹がいっぱいにならん!俺の腹は一体どうなってしまったのか…」

   試合終了後にブログに登場した食べ物は、大阪で食べたという「串カツ」に始まり、夜食の「ラーメン」、「ざるそば」に「きのこそば」、「ステーキ」、「パン」、「回転寿司」などなど。アロエヨーグルトやチョコレート菓子といった、好物の甘味にも舌鼓を打った。

   「今は何を食べてもうまく感じる」とのことで、「確実に減量の反動がきてる」「ってゆうか食べ過ぎやわ」と気にはするものの食欲は止まらない。おかげで試合終了から数日にして、すっかりリバウンドしてしまったという。

   「急に体重が増えると身体が重い」と嘆いた亀田だったが、「次に目指すはデブボクサーか?デブボクサーで4階級制覇か?(笑)」と、上機嫌な軽口も飛び出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中