富士山にぶつかって飛散!?神奈川・南足柄のセシウム茶畑

印刷

   福島原発から300㎞も離れた神奈川県南足柄の茶畑で基準値を上回る放射性物質のセシウムが発見されたが、奥平邦彦アナは「隣接する静岡県の茶畑ではセシウムは基準値以下でした。なぜ、南足柄でセシウムが降ってきたのか」と、首都大学東京の大谷浩樹准教授に聞く。

「神奈川県と静岡県の間には富士山があり、富士山に飛散してきたセシウムがぶつかって、南足柄に降り注いだ可能性があると考えられる」

一番茶はすべて廃棄

   司会のみのもんたが小田原市茶業運営委員会の守屋栄治副委員長に電話で聞いた。

被害規模はどのくらい?
「被害の規模はどのぐらいになりますか」

   守屋「一番茶はすべて廃棄になりました。安心で安全なお茶を飲んでもらいたいと、念のため検査をしたところ、今回のセシウムが見つかりました」

   みの「原発事故の影響はいつまで、どこまで続くのか」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中