摘んでも畑に山積み神奈川・南足柄の放射能検出一番茶

印刷

   放射線量が基準値を超えたとして先週、茶葉の出荷自粛を強いられた神奈川・南足柄 など6市町村に続いて、茨城・大子でも基準値をこえる放射線量が検出され、出荷自粛となった。

   茨城は福島原発から60キロだ。足柄は300キロだから、農家も「神奈川でと聞いたとき、あんな遠いところで出たんだからと、心配していたんだが」とがっくりだ。

二番茶も出荷できるかどうか

   大西洋平アナが足柄茶の現地にいた。小田原市の田中農園の田中康介さんの茶畑の隅に、 摘み取った茶葉が打ち捨てられていた。田中さんは「一番茶は1年間丹精を込めた集大成なんだよ。まさかこんなことになるとは信じられないよ」と涙を流した。

補償金よりブランド

   いまも摘み取り作業は続くが、これは来月(2011年6月)の二番茶の新芽を出すため。しかし、二番茶が出荷できるかどうかもわからない。畑に茶葉を捨てながら田中さんは「加工する間も風を送ったりして面倒みるんだよ」

   どう処分するかの方針もない。小田原市も「野菜なら埋めたりするのだが、お茶については、とりあえずそこに置いておいてくれと、それだけです」

   南足柄市の農家は「160万円の赤字に水道、電気、重油、ガス代みんなパー。生活のために補償はしてもらいたい」と怒る。県全体で損害は1億円といわれる。

お茶にして飲むときは線量10分の1

   田中農園の加工工場から中継で田中さんが答えた。

「生葉は傷みやすいから、収穫したらその日のうちに処理しないといけない。本来ならいまがフル回転のはず」

だが、機械は止まったままだ。

「一番茶は年間収入の80%になるが、収入はゼロになった。基準が野菜と同じになっているが、実際にお茶にして飲むと、放射能は10分の1になるという。基準が厳しすぎる。そのあたりを冷静にみてほしい。補償じゃないんです。産地のブランドを守ることの方が大 事」

   司会の羽鳥慎一「お金じゃなくて、ブランドだと訴えてます」

   女優の東ちづる「挫折感とか喪失感とか、持って行き場がないでしょう」

   羽鳥「あの涙はだれに向けたものなのか。悔しさをどこへ向けたらいいのかと思い ますよね」

   まったくやりきれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中