西野カナの新曲 「大学時代の友達想って書きました」

印刷

   シンガーソングライターの西野カナが5月18日(2011年)のブログで、新曲「Esperanza」をアピールしている。

   14枚目のシングルは「みんなにずっと届けたかった一枚」。大学卒業後初となる曲で、中でもカップリング曲「Thinking of you」は大学を卒業して、離ればなれになった友達を想って書いた。今でも目に浮かぶ、楽しかった毎日を思って、「あの頃に戻りたい」というせつなさがあるけれど、「戻りたいと思える日々を作れたことが幸せ」「みんなと築いた日々が、何より今の私の支え」という前向きなメッセージを込めている。

   そして、カップリング2曲目の「ONLY ONE!!」は「めちゃくちゃカッコイイ曲ができました」と自信をのぞかせる。ふだんもよく聴いているヒップホップやエレクトロを自分なりに表現した。歌詞の内容は「自分らしさが一番」との思いを込めていて、「HAPPYになれる曲です」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中