2018年 7月 24日 (火)

西野カナの新曲 「大学時代の友達想って書きました」

印刷

   シンガーソングライターの西野カナが5月18日(2011年)のブログで、新曲「Esperanza」をアピールしている。

   14枚目のシングルは「みんなにずっと届けたかった一枚」。大学卒業後初となる曲で、中でもカップリング曲「Thinking of you」は大学を卒業して、離ればなれになった友達を想って書いた。今でも目に浮かぶ、楽しかった毎日を思って、「あの頃に戻りたい」というせつなさがあるけれど、「戻りたいと思える日々を作れたことが幸せ」「みんなと築いた日々が、何より今の私の支え」という前向きなメッセージを込めている。

   そして、カップリング2曲目の「ONLY ONE!!」は「めちゃくちゃカッコイイ曲ができました」と自信をのぞかせる。ふだんもよく聴いているヒップホップやエレクトロを自分なりに表現した。歌詞の内容は「自分らしさが一番」との思いを込めていて、「HAPPYになれる曲です」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中