2021年 12月 7日 (火)

「舞鶴・女高生殺害に無期」裁判員裁判だったら判決違った!?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   京都府舞鶴市で2008年5月に女子高生(当時15)が殺された事件で、決定的な物証がないなか、一審判決が京都地裁で18日(2011年5月)あり、中勝美被告(62)に無期懲役(求刑は死刑)が言い渡された。

   「スッキリ!!」のコメンテーターから「裁判員裁判だったら違う結果になった可能性も…」との指摘も出た。

直接の物証なし

   裁判のポイントになったのは、中に似た男と若い女性を見たとする目撃証言と現場に設置された防犯カメラの画像、「知人男性が被害者のポーチや衣類を川に捨てるのを見た」という中の供述の3点だ。

   判決では、目撃証言やカメラの映像の男女は被告と被害者の特徴と矛盾しないと判断。とくに、中の「ポーチを捨てるのを見た」という供述については、公表されていなかったポーチの色や形は犯人しか知り得ない秘密だったと指摘した。

   判決言い渡し後、中は「裁判長」と呼びかけ、「私は無罪です」と3度繰り返し、弁護側は控訴の方針。

   元東京地検検事の若狭勝弁護士は、「本人が完全否認をしていて、状況証拠だけで有罪にするということはかなり難しい部類の裁判。被告以外の者が犯人の可能性を否定しきれない状況がありうる」と言う。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中