大震災でCM自粛の減収-テレビ各局17~20億円

印刷

   東日本大震災からしばらく続いた企業のCM自粛やCM抜きの特別番組で、民放テレビ局はどのくらいの減収になったのか。先週出そろった2011年3月期の決算によると、およそ17億円~20億円のCM収入源となったようだ。

   「繰り返し流れたAC広告への差し替えは、スポンサー側の要請と局側が震災特番にふさわしくないと判断して外したものがあり、広告料金についてはまだ交渉が続いています。局の判断で外したCMについては料金は払われませんが、スポンサーの希望で自粛=AC広告への差し替えとなったものについては、契約料金の60~80%で話し合いといったところでしょう」(大手広告代理店テレビ担当)

   各局とも震災減収分は映画事業などの他の営業収入で穴埋めしたが、今期も節電などで企業活動の縮小は広がる。「自粛が残る今期前半は厳しいし、後半も節電、節約ムード次第では大幅減収減益でしょう」(民放取締役)の見通しだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中