藤本美貴 大槌町で歌った「ひょっこりひょうたん島」

印刷

   タレントの藤本美貴が5月20日(2011年)のブログで、被災地の岩手県大槌町と陸前高田の避難所を訪問したことを報告した。

   ロックバンド・シャ乱Qのメンバーらと、必要な物資を運び、うたを披露してきた。避難所に向かうまでの道は、震災から2か月たったとはいえ、「まだまだがれきの山」。テレビを通じて見てはいたが、「実際みても本当に現実なのか」と戸惑うばかりだったようだ。

   大槌町のある避難所の近くには、いのうえひさし原作のアニメ「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったと言われる蓬莱島があった。避難所からすぐ見えるので、みんなで、あのアニメ主題歌を大合唱。陸前高田では、がれきの撤去作業に取り組む自衛隊員やボランティアのスタッフと会った。「人と人との繋がり、絆に感動と感謝の気持ちでいっぱいです」

   ただ、現地では、津波で家族を失ったという話も聞いた。「こんな悲しい、悔しい思いをしてる方が沢山いらっしゃるんだ。と思うと本当に胸が苦しい思いでいっぱいです」。あらためて、自分にできることを、小さいことでも続けていきたいという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中