福島の保護者「子供をモルモットにしないで!」校庭基準20ミリシーベルトで抗議

印刷

   福島の保護者ら約500人がきのう(2011年5月23日)、文部科学省を訪れて校庭使用に関する放射線量の暫定基準、年間20ミリシーベルトの撤回を求めた。「福島の子どもを守れ」「モルモットにするな」などのプラカードがあった。

   この暫定基準をめぐっては、小佐古敏荘・東大教授が内閣官房参与を辞任、「年間20㍉シーベルトは大変高い数値で、これを子どもに当てはめるのは、学問上の見地からも認めることができない」と述べて注目された。

   福島原発の事故の前は、年間に浴びてもよい線量は1ミリシーベルトだっだが、事故のあと政府は緊急時の指針として、もともとあった国際基準の上限(20ミリシーベルト)をもって安全とした。小佐古教授は「下限にすべき」との主張だった。

5年後、10年後にだれが責任負うのか

   実のところ、人体への実際の影響ははっきりしないが、福島では「福島の人たちを(地元に)いさせるために基準を引き上げた」と受け止められている。危機感をつのらせた保護者が行動を起こしたのだ。

母親としての気持ち

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「いいという人もダメだという人もいる。しかし、内閣参与やめたときの問題提起に政府は答えていない」

   リポーターの所太郎は「お母さんたちは安心を求めている。なぜ年間20㍉シーベルトを子どもに適用したのか、被曝低減措置を国にやってもらいたい。訴えはこの2つ」という。

   その母親の1人に司会の羽鳥慎一が電話で聞いた。

「おびえながら暮らしているのに、東京まで行かなければならないとは悲しいですよ。子どもたちは毎日校庭で運動していて、国の数値以下だからと被曝させられています。普段は、窓を開けないで、福島産の野菜をできるだけ食べさせないようにして、帽子やマスクなどさせています。
   県のアドバイザーは安全だというのですが、調べてみると20㍉シーベルトは原発で働く人たちのレベル。私たちも努力しますけど、お力を貸していただきたい」

   母親はこう話した。

   舘野「子ども手当だなんだと子どもを大事にしているといいながら、同じ文科省が これでは。5年10年経って問題が起っても、責任はだれが負うのか」

   気持ちはわかるが、お母さん、「福島県産の野菜を食べさせない」というのがどうしてもひっかかるんですがねぇ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中