マスコミもグル!?福島原発「全炉心溶融」知ってて伝えなかった疑惑

印刷

   福島第一原発では1号機に加えて、2号、3号機も炉心溶融していそうだし、圧力容器、格納容器の損傷もこれまで考えてたより酷いかもしれない――ことが次々と確認されつつある。

   「事故から数日で『原発1~3号機、全部炉心溶融』と発表されたら、世界中の新聞は相当大きく書いたと思うし、日本でも号外が出る騒ぎだったはず」と司会の小倉智昭。「しかし、いまになって、やっぱり溶融していたと聞くと、ああやっぱりなんだと思ってしまう」と、一種の「慣れ」の気持ちを言う。

事故に「慣れ」させる情報コントロール

   なぜ事故発生から2か月以上もたって、やっと事故の状況が発表されるのか。東電によれば、誰もこの目で見ることすらかなわぬ原子炉のデータ解析に時間がかかったのと、収束作業のほうに注力していたためだという。

発表しか知らない

   それにしても遅くないか。東電・政府は「パニック」を避けるため、事故に「慣れ」させるため、情報をコントロールした(している)のではないか。そして、マスコミもグルでなにか隠しているのでは――と疑う人は少なくないらしい。

   「私もいろんな人から『なにか知ってるんじゃないですか?』と聞かれます」と笠井信輔アナ。「でも、我々も発表されたことしか知らないわけでして――」と、笠井は番組視聴者と同じ立場であることを強調した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中