長友佑都「『世界一のサイドバック』はゴールのない目標」

印刷

   イタリア・インテルミラノの長友佑都が5月25日(2011年)、自身について「熱く」語っている。

   5月25日に「日本男児」と題した自伝本を出版した長友。ブログでは、「挫折しそうな時もあったけど、絶対に諦めず、自分を信じてやってきたからこそ今の自分がある」と今までを振り返り、「僕の誇れるものはそのプロセスだけかもしれない」と話す。

   そんな彼の夢は「世界一のサイドバック」になることだ。しかし、「世界一」とは漠然としていて、チームが世界一になれば叶うわけでも、誰かが決めるわけでもない。しかし、だからこそ「挑戦する価値がある」。自分自身で作る、自分だけの道(人生)を思う存分楽しみたいと続けると「語り出したら止まらんわ(笑。」、つい熱くなってしまった様子。最後には、「この本も熱すぎるから、みんなやけどせんように」とファンに「注意」を促した。ちなみに、本の印税は全て被災地に寄付するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中