加山雄三とのコラボでわかったEXILE「大したことない歌唱力」

印刷

「EXILE魂」(TBS)2011年5月22日22時5分~

   トウのたった若大将・加山雄三がゲスト。いやでもアップになるとヘアー疑惑に目が行ってしまうが、EXILEと加山のヒット曲のコラボレーションをやると、断然、加山の方が存在感を増す。70歳を超えてこの朗々たる歌いっぷりは素晴らしいし、レコード大賞2年連続受賞していても、エグザイルの歌唱力が大したことないとわかるのだ。特にボーカルの眼鏡でない方は声量が貧弱で鼻濁音も出来ない。加山は鼻濁音も完璧、美声でないが音域が豊かである。
   元祖・湘南ボーイの石原裕次郎は慶応の先輩で、桑田佳祐は子供の時から知っている仲、父親は世に聞こえた美男俳優の上原謙で、母親は明治の元勲・岩倉具視の末裔、つまり、どう転んでも昨日や今日、成金になったセレブとは違う、本当のお坊ちゃま育ちなのだ。だから、彼の作る(別名、弾厚作)歌もオケ曲も幸せな温かさが感じられ、その上、下品さや媚びがないので大衆に受ける。
   筆者は武家の商法で失敗し、多額の借金に苦しめられたかつてのホテル倒産事件と、上原の晩節を汚した変な女との再婚話を思い出してしまうが、それらにめげず、近頃の加山はまたまた歌で大活躍しているので驚いている。それだけ実力があるということだろう。EXILEは黒づくめの男たちがカッコいいし、ダンスは上手いと思うけれど、如何せん歌はお世辞にも上手いとは言えない。もっと発声からプロのインストラクターに訓練してもらうべし。今のうちに。

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中