1日7500円!それでも引っ張りだこレンタル放射線測定器

印刷

   福島原発の事故以降、突如として売り切れ続出の大ヒット商品になった放射線測定器。福島原発から約200㎞離れた首都圏では、依然として大人気だという。お値段5万円~という測定器が「需要がありすぎて、商品の生産が間に合ってない」(ショップ)状態で、品薄が続いているそうだ。

   そんななか、測定器のレンタル会社にも震災後、主婦からの問い合わせが殺到。多いときには電話・メールで300~400件もの問い合わせがあったという。

千葉の主婦「子供の遊び場を測定」

   千葉・印西市の3歳と9歳の子供がいる主婦は、「発表されている数値が正しいのか不安がある」との思いで、1か月前から放射線測定器を借りているという。外出する際は必ず持ち歩き、子供の遊び場の公園などで計測する。0.2マイクロシーベルトを超えていたら、子供を外で遊ばせないようにしているという。

1か月22万円でしょ

   レンタル料は1日7500円だそうで、司会の小倉智昭は「レンタル料も馬鹿にならない。1か月借りたら22万ぐらいになっちゃうわけでしょ」とコストを気にかけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中