反原発の山本太郎、事務所辞める「これ以上迷惑かけられない」

印刷

   福島第1原子力発電所の事故後、積極的に反原発活動を行っていた俳優の山本太郎が5月27日(2011年)、ツイッターで所属事務所であるシス・カンパニーを辞めたと明かした。

   この日の夜中「事務所辞めました! 今日。これ以上迷惑を掛ける訳いかないから。辞めるな、と社長、スタッフの皆さん何度も引き留めて下さった。最後には僕のわがままを聞いてもらいました」と投稿。13年間所属していた事務所について「真面目で正義感強く情に厚い事務所」と語り、「もう関係ないから事務所への電話しないでね。他の役者に迷惑かかる」と呼びかけた。

   山本は、ツイッターを中心に反原発を主張し、デモにも参加。4月には「(反原発運動に関わると)芸能界で仕事干される」と投稿していた。今回の事務所脱退発表にフォロワーからは「すごいなって心から思えました」「山本太郎をみんなで応援しよう!」といった反応が出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中