2018年 7月 21日 (土)

早くも梅雨入り、5月台風―例年より強い太平洋高気圧

印刷

   大型台風2号は29日(2011年5月)、四国沖で温帯低気圧になったが、那覇では瞬間最大風速55mを記録、沖縄では61人のケガ人を出した。また、広い地域で記録的な大雨をもたらした。

   気象予報士の石原良純が今年の梅雨の特徴を解説した。

「今年の梅雨入りは過去2番目の早さなんです。梅雨というのは春と夏の境目ですが、今年は太平洋高気圧がいつもより強いために、梅雨前線が本土に接近してしまった。 台風はそこへ入り込んでくる」

   司会の羽鳥慎一「梅雨明けも早い?」

   石原「いい質問ですね(笑い)。どうなるんでしょうね。それがわかったら苦労しない」(大笑い)

大雨で福島原発「汚染水」あふれ出す懸念

   東北地方の大雨でこれまでと違うのは原発事故だ。

梅雨明け早い?

   青木理(ジャーナリスト)「すでに水がたまっていますからね」

   羽鳥「上が開いているから、雨が降ると……」

   その福島第1原発について、東京電力は作業中のホースやケーブルをロープで縛るなどしたが、特別な台風対策をとっていない。降水によって、すでに満杯状態の汚染水があふれる危険がある。これには、シルトフェンスで対応するしかないらしい。

   原子炉の設計者は今後も雨による汚染水流出を心配している。原子炉建屋、タービ建屋にたまっている水に台風の雨が加わるとあふれて、汚染が水とともに一気に広がるからだ。また、別の専門家はフェンスは100%効果があるわけではないと話す。

背筋が寒くなるIAEA映像

   ということで、今後の台風が心配ですねぇで話は終わってしまったのだが、この日の番組で一番印象的だったのは、IAEAの原発内部の映像だ。IAEAの調査団が福島第1原発を視察したときの映像で、防護服を着た一行が東電関係者と発電所内を歩き回っている。使用済み燃料貯蔵施設では、くるぶしまで水がたまった中を長靴で歩く。3号機、4号機もこれまでの映像よりはるかに状況がわかる。トレンチをのぞき込んだりは初めて。汚水処理作業の仮設タンクがずらりと並んでいたり、広大な敷地ががれきの山になっている様子、シルトフェンスもとらえられていた。

   なぜこれが東電の手で出てこないのか。もっと早く事故の直後に出せなかったのか。これを許してきたメディアは何を考えていたのか。防護服を着る勇気がなかったということか。情けない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中