2018年 7月 22日 (日)

ヤクルト小野寺力 「まだライオンズ吹っ切れない」

印刷

   今シーズン途中から東京ヤクルトスワローズに移籍した小野寺力投手が5月29日(2011年)、古巣の西武ライオンズを相手に移籍後はじめて登板した。ブログではそのときの心境を語っている。

「気持ちは、切り替えてたつもりでしたが・・・。ライオンズファンの皆さんの声援に心熱くなってしまいました!!」

   7回裏に登板し1回1失点。本人は「力んでしまいました。ヤクルトファンの皆さんの声援に応える事ができず、残念に思います」と反省。また、試合では「ナカジ(中島裕之選手)との対戦がしたかったなぁ」と残念がっていた。次の対戦を楽しみにしているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中