ヤクルト小野寺力 「まだライオンズ吹っ切れない」

印刷

   今シーズン途中から東京ヤクルトスワローズに移籍した小野寺力投手が5月29日(2011年)、古巣の西武ライオンズを相手に移籍後はじめて登板した。ブログではそのときの心境を語っている。

「気持ちは、切り替えてたつもりでしたが・・・。ライオンズファンの皆さんの声援に心熱くなってしまいました!!」

   7回裏に登板し1回1失点。本人は「力んでしまいました。ヤクルトファンの皆さんの声援に応える事ができず、残念に思います」と反省。また、試合では「ナカジ(中島裕之選手)との対戦がしたかったなぁ」と残念がっていた。次の対戦を楽しみにしているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中