2018年 7月 21日 (土)

日テレ「ユッケ食中毒」えびすベタボメ番組で次期社長釈明

印刷

   日本テレビの次期社長・大久保好男取締役は5月30日(2011年)の定例会見で、集団食中毒を起こした「焼肉酒家えびす」をバラエティー番組で絶賛していた件で釈明した。

「食材を取り扱うときは、今まで以上に安全確認に力を入れなくてはいけないと思っています」

   大久保取締役は苦りきった表情でこう語った。

   問題の番組は4月18日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜よる9時)で、番組の中で「えびす」を安くて高級と紹介、出演者の島田紳助らがベタボメしていた。放送から数日後の生肉「ユッケ」で大腸菌O-111感染が広がり、死傷者が出た。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中