2018年 7月 21日 (土)

一夜で「賛成から反対」-菅退陣確認「あった」「なかった」どっちがホント?

印刷

   菅直人首相の退陣はいつになるのか。不信任案は葬られたものの、今度はその退陣時期を巡って、永田町で新たな政争が始まった。民主党・岡田幹事長は「退任時期については何の話し合いもなければ、時期も決まっていない」と記者団にコメント。これに噛み付いたのが、菅から一札取ったと言っていた鳩山前首相だ。岡田発言を聞き、「それはウソだ。ウソはいけない」と怒りをあらわにした。

わざと曖昧にしておく永田町流

   司会のみのもんたはいささかあきれ顔だ。

与良:ちんぷんかんぷん
「(ウソはいけないという)鳩山発言を沖縄の人が聞いたらどう思うだろう。米軍・辺野古基地の移設問題はどうしたと聞きたくなるだろう」

   コメンテーターの与良正男(朝日新聞論説副委員長)は「不信任案が可決されれば戦後最大の政治危機に陥ると心配していたが、ひとまず回避できたのでホッとしている。鳩山さんと菅総理との間で交わされた確認事項の中に退任時期が入ってないのは、わざと曖昧にしておくため。永田町の政治家ならばその意味は分かるだろうが、国民にはちんぷんかんぷんだろう」と解説した。

   みの「それにしても、鳩山さんが急変したのはなぜだろうか」

   与良「鳩山さんだから。だって、1度は議員バッジを外すと言った人が、いまでもバッジを付けているんだから」

   吉川美代子(TBS解説委員)「これまでも新聞やテレビは、多くの時間を割いてこんな人たちのことを報道してきた。もう、いい加減にして欲しい。いったい、何のために議員歳費をもらっているのか」

   鳩山にしてみれば、いまだにオーナー気取りの民主党が割れることはガマンならなかっただろうし、菅サイドはそんな鳩山の足元を見て、「時の氏神」と持ち上げたということだろう。小沢グループの若手たちも、菅が解散を本気で考え始めたことに怖じ気づき、「反対」に回ったと見ればわかりやすい。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中