サマータイム当て込み商法―居酒屋「午後4時開店」「飲み物半額」

印刷

   夏の節電キャンペーンを受けてサマータイムを導入する企業が出始めているが、サマータイムを当て込んだ商売も続々登場している。狙うはサラリーマンのアフター4だ。

家族向け、女性向けの「アフター4」も登場

   東京・八重洲の居酒屋では開店を1時間早めて午後4時にした。午後5時半には早くもサラリーマングループがテーブルを囲んで「カンパイ」。午後4時から6時までに入店すると生ビール、サワー、ハイボールが通常の半額という居酒屋もある。

国が動かないと

   ホテルも黙っちゃいない。箱根の有名ホテルは今夏限定の「アフター4スティプラン」を企画した。平日宿泊の客は通常2万4300円(1人1泊室料のみ) のツインルームが2食付で1万6500円、金曜日夜にチェックインすればさらに1000円割り引くという。日頃忙しくて勉強できないという人のために、英会話教室の「Gaba」は入会金半額、レッスン料も割安な「夏の短期集中プラン」を設けた。

   流通ジャーナリストの金子哲雄は「今後、家族向けや女性向けのアフター4プランが増えてくるでしょう」と予測しているが、これではサマータイム導入が節電のためというより、夜遊びのためになりかねない。

   キャスターのテリー伊藤「うちは6時までとか、8時とかも出てきて、こういうのは国が動かないとダメですよ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中