一人賛成の松木議員「処分を待ちましょ」-親分・小沢はカラオケ店会合

印刷

   菅内閣不信任案採決で、民主党でたった1人賛成票(白票)を投じた松木謙公議員はドン・キホーテか。親分の小沢一郎元代表は欠席だった。

   直前の代議士会で菅首相が辞任を示唆したことで、小沢が「いままでなかった発言を引き出したのだから、自主的判断でいいだろう」と後退、前夜(2011年6月1日)に70人余が集まった造反グループはことごとく反対に転じた。造反をリードしてきた松木は「おかしいよ。自民党も民主党もみんなおかしい。何なんだよ、これは。オレは真面目にやってんだ」と叫んだ。

「みんなに押さえつけられたから身体が痛い」

   松木が賛成意思を変えなかったため、同僚議員が本会議場への入場を止める一幕もあったが、松木は「政治家は自分で決めないとダメだ」。ようやく席についたあとも、周囲の説得には応じず白票を投じた。

世論が反発

   当の小沢は本会議を欠席。これにも「小沢さんは小沢さん、ボクはボク。自分で決める。最後は」と言い放ち、渡部恒三最高顧問が「白票もって上がっているときに親分が欠席っていうんじゃ子分がかわいそう。かばってやりたいな」と無責任に同情論。

   リポーターの所太郎が採決の後で松木に聞いた。

   松木「みんなに押さえつけられたから身体が痛い。ボロッと変えてしまったら意味がわからなくなる。自分の考えでやらせていただいたということです」

   「おかしいよ」と口走ったことには、「ちょっと言い過ぎましたね。前言撤回ということで…。頭に血が上ったかもしれない。政治家としては大変恥ずかしい」と話し、処分については「そのうち出るでしょうから待ちましょう」と腹を括っている様子だ。松木がこの取材を受けていたころ、小沢氏六本木のカラオケ店で開かれた自派の会合に出ていた。非情な政治の世界を象徴する光景だ。

松木は除籍、欠席組は党員資格停止

   長嶋一茂(スポーツ評論家)「東北の問題がある中で、世論が反発するのはわかりますね。いろいろ言うけど、個人のエゴかなと見えちゃう」

   赤江珠緒キャスター「何をしているかわからない中では、松木さんはわかりやすい」

   テレビ朝日政治部の山崎陽弘によると、松木は除籍、欠席組は党員資格停止となるとみられるが、すでに停止中の小沢が除籍となるかどうかの結論はきのうの段階では持ち越した。

   司会の羽鳥慎一「小沢さんはどう動く?」

   吉永みち子(作家)「欠席しなかった人もいるし、小沢さんが作った70人のすき間をぬって自民党が仕掛けたのだから、これから一丸となってというのは難しい」

   やっぱりいちばん「おかしい」のは小沢だな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中