ギャラクシー賞に「Q10」「相棒」「福山雅治」

印刷

   放送批評懇談会が優れた放送番組や出演者、CMなどを選ぶ第48回「ギャラクシー賞」が発表された。テレビ部門の大賞は政府の場当たり農政に翻弄される農村を描いた「NNNドキュメント『夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年』」(秋田放送)だった。優秀賞には「ダーウィンが来た!生きもの新伝説『アリューシャン クジラと海鳥 世界一の大集結』」(NHK)、ドラマの「Q10」(日本テレビ)が選ばれた。特別賞は「相棒」(テレビ朝日)、個人賞は福山雅治(大河ドラマ「龍馬伝」NHK)。

   CM部門の大賞はソフトバンクモバイルの白戸家シリーズの「選挙編」に決まった。まあ、いずれも納得できる選考か。(<テレビウォッチ>編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中