2018年 7月 19日 (木)

広島カープ9連敗 石井琢朗「配パイも悪ければ、流れも悪い」

印刷

   プロ野球・広島東洋カープが6月5日(2011年)の福岡ソフトバンクホークス戦に敗れ、12年ぶりの9連敗を喫した。トンネルの出口がなかなか見えてこない。石井琢朗選手は、そのもどかしい気持ちをブログにぶつけている。

「今は、麻雀に例えたら配パイも悪ければ、流れも悪いんだな」

   イーシャンテンまではいくけれど、なかなかテンパイまで持っていけない。テンパイしてリーチをかけても、相手にあがられてしまう――まるで、いつかの麻雀のようだ。だから今は、流れがくるまで、ひたすら我慢するしかない。

   ただ待っているだけでは流れが来ないから、引き寄せる努力は必要だ。「配パイといい流れが来たら一気に行けるように」「とにかく、今は我慢です」と自分に言い聞かせるように繰り返した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中