吉田昌郎・福島原発所長「海水注入は命がけだった…」

印刷
「あの時の現場は生きるか死ぬかでしたから。注入を止めていたら死ぬかもしれなかった」

   海水の注入中止を求める首相官邸・東京電力本社の指示に逆らって注入を続行した福島第1原発の吉田昌郎所長がJNNの単独インタビューにこう答えた。

「1回止めると、何時間止めるのかと…」

   吉田は大阪府出身の56歳。1979年に東電入社し、主に原発畑を歩み、昨年6月(2011年)に福島第1原発の所長に就任した。

机上の空論

   あの時の注入続行は「間違っていなかったと考えているか」という質問に、吉田は「中断の話はありましたが、入れ続けないといけないと思っていました。1回止めると何時間止めるのか分からなかったので、入れ続けるしかなかった」と話す。

   危機に際して、本店と現場との意識の乖離がこれほどあったとは…。杉尾秀哉(TBS解説委員室長)も「官邸と本店が机上の空論でやっていたということですよね」と言う。

   そんな頼りにならない危機管理態勢のなかで、吉田は現場責任者としての思いを次のように話した。

「ていねいにやることと、いま現場でたくさんの人が働いていますから、健康や安全をちゃんと確保すること。この2点だけですよ」

「高濃度汚染水が一番の課題」

   淡々と語る吉田の柔和な顔が印象に残る。この人に後を託すしかないが、では今福島第1原発の現状はどうなっているのか。吉田は「現時点では1~3号機の原子炉の中は冷えている。その意味で原子炉は安定していると考えている」という。

   ただ、復旧作業の最大の障害になっているのは溜まり続ける高濃度の汚染水。

「これが一番大きな課題と思い取り組んでいる」

   1日1200トンの汚染水を最大で1万分の1の濃度に処理できる処理施設の試験運転が始まったが、トレンチ内の汚染水は今月20日に地表まで達することが予想され、梅雨による影響を考えると処理施設の本格稼働が始まる15日まで綱渡り状態が続くという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中