夏に向け避難住民「とにかく早く!」冷蔵庫、扇風機、義援金

印刷

   「被災地の方にお話を聞いてみたいと思います」と司会の羽鳥慎一。震災発生直後のテレビでは、判で押したように「いまなにが必要ですか」と被災地の方に問いかけていたような気がするが、震災発生から3か月近く経てみると、ずいぶんとひさしぶりに聞く感じではある。

避難所の体育館は気温30度

   番組が電話をつないだのは、宮城・気仙沼の避難所で暮らしているという男性。この男性は「体育館に避難しているが、なかはもう30度ぐらいになっている」と気温上昇による避難所の環境悪化を指摘し、「食中毒が心配で冷蔵庫とか、扇風機とか、あと空調設備」が必要だと訴えた。

被災地の方

   さて、番組の本題は「義援金が届かない」問題である。第2次配分の分配は「死亡」で1ポイントなど、被害をポイント化した仕組みで実施することになったという。被災者の気持ちは?

   まだ義援金を受け取っていないという男性は「(ポイント制は)それはそれとして、なるべくはやく(義援金が)ほしいですね」などと、「はやく」を繰り返した。いまのところ、だいたい7月ぐらいに受け取れる予定としか、わかっていないという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中