アッキーナ始球式登板「ノーバウンドで届きましたぁ」

印刷

   緊張なう、緊張なう、緊張で息が苦しいなう――。アッキーナこと、タレントの南明奈が6月6日(2011年)に書いたブログでの告白。この日、プロ野球巨人対日ハム戦の始球式に登板したのだ。

「もうきっと2011年で今日が1番緊張度が高い日だろうなってくらい緊張した!!」

   本番前、緊張しすぎて泣きそうになったほどだが、本人の投球は「ちょっと左にそれたけどノーバウンドで届きました」。マウンド上のアッキーナは、ピンク色の特別なユニフォームをまとい、背番号は373(ミナミ)。ピンク色とホワイトの帽子とグローブがまぶしい。子どものころから何度も観戦に行ったという東京ドームでの始球式。「今日は思い出の1日になりました」と振り返った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中