震災3か月いまだ被災地は悪戦苦闘!腐った魚、ヘドロ、ハエ、カ、ダニ…

印刷

   今週11日(2011年6月)土曜日に東日本大震災から3か月となるが、被災地はいま2つの脅威にさらされている。食中毒・感染症とヘドロだ。石巻と相馬の住民は絶望的な闘いの中にいた。

   岸本哲也レポーターが訪れた石巻漁港では、大量の腐敗した海産物の悪臭の中で漁民たちが格闘していた。 津波で破壊された水産加工場の冷凍倉庫にあった海産物の処理だ。海へ捨てる前に梱包材などを仕分けしないといけない。

   加工場は100か所以上あった。廃棄される海産物は膨大な量になる。無数の海鳥が群がるなか、仕分けは遅々として進まない。

人食いバクテリア繁殖の心配

   「とにかく臭い」

石巻は臭いがすごい

   岸本は顔をしかめる。エビ、小魚、大きな魚などの冷凍・冷蔵がストップしてから3か月も経っているのだから当然だ。ハエや蚊も大量に発生している。食中毒や感染症の媒介のもとだ。

   避難所にはダニの発生もあった。湿気が大敵。「ダニバスターズ」というボランティアがいて、被災者の寝具を乾かしているがなかなか追いつかない。

   相馬市をルポした木下康太郎アナはヘドロの海を歩いた。農地を含む1600ヘクタールをヘドロが覆っている。「厚さ10センチとしても160万平方メートル。打 手がない」と市職員はいう。しかも、ヘドロは乾燥すると風に舞い上がる。さまざまな細菌が潜んでいるから、吸い込むと危ない。専門家は破傷風、レジオネラ、カビ、人喰いバクテリアなどをあげる。とくに危険なのは人喰いバクテリアで、慢性疾患をかかえていたりすると死に至ることもある。

25mプール4000杯分

   岸本「私も取材スタッフものどが痛くなった。木下アナは目が痛いといっていた」

   司会の小倉智昭「石巻は臭いがすごいといっていた。腐った魚を投棄するためには仕分けしないといけないんだ」

   岸本「作業中に倒れる人も出ているようです」

   魚はいずれは海に捨てられて片が付くが、捨てる場所もないのがヘドロだ。相馬市だけで、25mプールで4000杯分もある。海から来たものなのに、高温で細菌が増殖していると海には戻せないという。

   福田和也(作家)「解決策がないといっても、何とかしないといけない。国家的な態勢でやるしかないでしょう。ただ、政治が止まっているからね」

    小倉「政治は止まっても感染症は止まらない。何とか頼みますよ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中