「働いて稼いでこい!」連夜の罵り合いの果て…妻ガソリンかけ夫焼殺

印刷

   高知市の市営住宅で妻が寝ている夫にガソリンをかけ、火をつけて殺害したとして逮捕された。妻は「夫の家庭内暴力に耐えられなかった」と供述しているという。リポーターの阿部祐二が真相を追った。

「殺されます。警察を呼んでください」

   事件があったのは6月7日(2011年)午前1時50分ごろ。高知市小石木町の無職・高橋誠さん(46)方で火事があり、高橋さんが遺体で見つかった。妻の高橋智美容疑者(36)が火をつけたことを認め、逮捕された。

tv97941_pho01.jpg

   近所の人の話だと、この夫婦は7年前に引っ越してきたが、夫婦げんかが絶えかった。妻の夫への罵声で始まり、「お前が働かないから金がない」「働いて稼いでこい」と罵る。夫は最初のうちボソボソ言っているが、やがて爆発する。すると、妻が「助けてください。殺されます。警察を呼んでください」と叫ぶ。このパターンがほぼ毎日のように続く。下の階に住む人は「睡眠薬を飲んで生活していた」という。

   司会の加藤浩次「妻は夫のDVに耐えられなくなり、追い込まれて堪らなくなって殺害に及んだのかと思っていましたが、そうでない部分もあるということですか」

   阿部「近隣の話では、妻にも言葉による夫へのDVがあったというニュアンスにも聞こえました」

互いにDVで夫婦生活7年

   7年間夫婦を続けてきたのに、なぜこの時期に殺害にいたったかもナゾだという。

   コメンテーターのおおたわ史絵(内科医、執筆家)は「DVはお互い罵り合ったり、手を上げ合ったりする中から生まれてくる。これも一種のDVだが、この時期になぜといえば、何か新しい理由が生じたのかもしれない」はコメント。本村健太郎(弁護士)は「DVを苦にした突発的犯罪なのか、対等のけんかが殺害に発展したのか、DVの実態、夫婦関係を調べる必要がある」と話す。

   加藤「それにしても、8歳の長男とやけどを負った1歳の次男、子どもが一番かわいそうですね」

   いずれにせよ、不明な点が残る。さらなるリポートが必要だろう。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中