2018年 7月 20日 (金)

英国人気歌手アデル「税金ゴッソリ頭に来る」でツイッター炎上

印刷

   ごっそり税金を払わされることへの不満をぶちまけた英国人気歌手が、ツイッターなどでボコボコに非難されている。2009年にグラミーで最優秀新人賞に輝いたアデルで、アルバム「21」が数百万枚を売り上げるなど稼ぎまくっているが、その稼ぎの半分以上を税金に持って行かれることが許せないと英誌にこうぶちまけた。

「50%も税金に持って行かれるなんてやってられないわ。英国の国民保険サービスは使っているけれど、公共の乗り物なんて遅れてばかりだから、もう私は使わない。学校教育も屑みたい。こんなんで税金400万ポンドも払えですって、冗談でしょって感じ」

   さらに、最初のアルバムがヒットして課税された時から、「銃でも買って乱射してやりたいくらい腹を立てている」と過激なことを口走ってしまった。

「稼いでるんだからセコイこと言うな」

   やっと売れたと思ったら、稼いだお金をごっそり持って行かれる気持ちは分からないでもないが、公共交通機関を嫌でも利用しなければならない庶民にとっては、カチンと来るのも当たり前。

   「それだけ稼いでるんだからセコイこと言うな」「そんな大口を叩けるほどお前は偉いのか」と散々。彼女は「アデル=ビッチ(嫌な女)」というイメージで見られがちだったが、火に油を注いだ感じです。

Noriko FUJIMOTO, 翻訳家、エンタメ・ライター

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中