向井理、大河ドラマで「秀忠の人間的な部分描きたい」

印刷

   俳優の向井理が「初陣」する――。6月12日(2011年)のブログで、NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」に徳川秀忠役として「本日よりいよいよ登場」すると報告した。

   戦国を生きた「浅井3姉妹」と英雄たちの物語を描くドラマ「江」。向井の撮影は2か月ほど前からスタートしていたので、「いよいよといった感じ」と満を持しての登場だ。

   徳川第2代将軍・秀忠については、「関が原(の戦い)に遅参したことが有名であまり有能な武将ではないイメージが強い」そうだが、

「徳川家康の居ない江戸を纏(まと)め、三代将軍家光の時代も含めて沢山の発令をして徳川幕府の礎を作りました。そういう意味でも近年では政治的に有能な将軍として再評価されています。まぁ、そういう史実とは別に人間的な部分を描いていけたらと思っています!」

と、演者としての意気込みを示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中