菅後継最有力・野田佳彦って「地味で慎重で…」どんな人?

印刷

   おととい(2011年6月11日)釜石市 を訪れた菅首相は、早期退陣論などどこ吹く風。「ここでうかがったことを第2次補正を含む政府の対策に盛り込みたい」と、なおやる気満々に見えた。

   これにしびれをきらしたか、仙谷官房副長官はきのうのテレビで「『後は頼むぞ』 ということが、本人(首相)がある種100%じゃなくても、納得できる段階でけじめをつけると」と話した。「とくダネ!」はこれを「退陣勧告」というが、本人が「ウン」といわなければことは動かない。

松下政経塾から千葉県議

   永田町は手詰まり状態だが、「では次はだれ?」とメディアは常に先走りだ。6人ほど名があがるなかで、いま最有力とされているのが野田佳彦財務相(54)。どんな人なのか。

薄気味が悪い

   千葉県船橋市出身。松下政経塾から千葉県議になり、国政に転じて20年余。前原前外相らと並ぶリーダーの1人だ。02年の代表選に立候補しているが、全国的な知名度はいまひとつ。地味で慎重で堅実。何を考えてるのかわからないなど、評価も地味だ。

   本人は「駅前留学はNOVA、 駅前演説は野田」と笑わせているように、船橋駅前で毎朝演説をやっているのは有名だ。高校の同級生らが通りかかると、挨拶を欠かさないという。その同級生によると、柔道をやっていた硬派、あまりもてなかったと思う、でしゃばらずおとなしかったという。だから、「演説してるのをみてびっくりした」そうだ。「ポスト菅」の資質をしては、「野党と強調できる」という点が評価されているらしい。たしかに、敵がいない、波風をたてない。

訪れる閣僚や官僚減った首相官邸

   このところ菅首相を訪れる閣僚や官僚の数がめっきり減っているそうだが、司会の小倉智昭は「それでも頑張るというんですかね」と言う。

   ピーコ(タレント)「変な微笑みというのか、笑顔みたいなのがなんか薄気味が悪い」

   小倉「柔道や相撲でいうと、とっくに死に体だと思うんだが」

   夏野剛(NTTドコモ元執行役員)「もう捨て身で何かやってくれるんならいいんですがね」

   小倉「捨て身になっても、周りが乗ってこないものね」

   もともと何をしているのか、顔が見えないところから始まっているのだから、いわば自らまいたタネ。いまさら何かが見えてくるはずもないが、かといって首がすげ変わったらどうなるという展望もない。困った人たちだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中