「すぐやる課」手抜きの二番煎じネタ!検索の労力惜しむな

印刷

「シルシルミシル」(テレビ朝日)2011年6月8日23時15分~

   この日の内容は視聴者の身近なギモンを調査する「すぐやる課」。「自転車には違反がないんですか?」というギモンに、傘差し運転、歩道歩行運転、酒酔い運転などの再現シーンを見せ、酒酔い運転は5年以下100万円の罰金になるというような具体例を提示。

「自転車違反の場合は悪質な場合をのぞき、注意・警告で終わることが圧倒的に多いが、それは自動車には反則金制度があるが、自転車にはなくすべての違反は裁判所扱いになってしまうため、それでは裁判所が仕事にならなくなるから」

という解説までつけてギモンに答えていた。自転車の再現シーン俳優が元競輪選手の中野浩一というところもクスっと笑え、この番組らしいところ。

   「シマウマの体は黒い部分が熱くて白い部分は冷たいんですか?」というギモンには、シマウマにサーモグラフィーを当てて調査。黒い部分が赤く、白い部分が緑色でシマシマになったのは感動的でもあった。

   ところが、その後の「蕎麦屋の暖簾に書いてある漢字3文字はなんて書いてあるんですか?」と「たまに髪の毛を紫に染めているおばちゃんを見かけますが、なぜ紫に染めるのでしょうか?」というギモンは、以前に「探偵ナイトスクープ」でもやっていたものだし、ほかの番組でも何度か見たネタだった。今はネットなどでも簡単に検索出来るのだから、少しは調べてみてはどうだろう。「すぐやる課」なら、それぐらいの労力は惜しまないで欲しい。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中