庄司智春 「ケータイが便器にポチャン。拾い上げて洗ったけど死んだ!」

印刷

   お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春がトイレに携帯電話を落とした。

   6月13日(2011年)のブログによると、我慢していたトイレにやっとのことで駆け込んで、開放感に浸っていると、胸ポケットに入れてあった携帯電話が「便器に・・・ポチャン・・・」。

   我慢していた小便の勢いはとまらず、落とした携帯電話に向かって用を足すという「最悪」の事態となってしまった。その後、便器から携帯電話を拾い上げ、すぐに水で洗い、バッテリーやSDカード、FOMAカードなどを取り出した。

   が、応急処置はむなしく、携帯ショップに持っていっても「僕の携帯が生き返ることはありませんでした」「買いかえたばっかりだったのに」と肩を落とす庄司。仕方なく、以前の携帯電話を使用中だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中