「ぴゅあふる」綾川小麦 テレ東・収録中に転落1か月の重傷

印刷

   ライブのダイブが売り物のアイドルグループ「ぴゅあふる」の綾川小麦(19)と藤崎麻美(21)が、テレビ東京系番組「月刊MelodiX」(第4土曜深夜3時15分)の収録中にセットから転落して大ケガをした。綾川は座骨や鼻骨を骨折して全治1か月の重傷、藤崎は足首ねんざで全治1週間。

   事故があったのは「ぐるぐるチョコバット対決」というゲームで、立てたバットに頭を付けて10回まわった後、4メートル先にあるチョコレートを食べて次のメンバーにリレーするというもの。目が回ってフラフラになった綾川が次の藤崎にリレーしようとしてもつれ合い、1メートルほどの照明用の溝に転落した。ゲームの収録はすぐ中止されたが、2人は「プロ根性でやる」と続くトークの収録にも参加、病院へはそのあとに向かった。この日の収録分は6月25日(2011年)に放送予定だが、ゲーム場面はカットする。

「誰もいないところにダイブ」

   「ぴゅあふる」は「ヘビメタ系アイドル」という異色の存在で、ライブでは歌いながら客席にダイブするのが人気となっている。所属事務所は当面はライブなどの公演を中止するとしている。綾川は「誰もいないところにダイブしてしまいました」と元気に話しているという。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中