柴田利家ってだれ?耳と目疑った「トイエバ」雑な仕事

印刷

「価値観ギャップバラエティ トイエバ」(テレビ朝日)2011年6月12日15時30分~

   日曜午後の単発バラエティ番組。「47都道府県で聞いたおふくろの味トイエバ?」や「世代別に聞いた日本を変えたニッポン人トイエバ?」など、「○○トイエバ、何?」という質問に対しての答えをランキングで紹介し、世代別、男女別による価値観の違いなどを検証する内容だった。

   「おふくろの味トイエバ?」ではランキング発表のほか、北海道では鍋、近畿ではお好み焼、中部では漬け物といったように地域別の特徴を挙げ、同じ鶏のから揚げでも、北海道はザンギ、愛知は手羽先など、呼び名や部位、味付けに違いがあることや、青森県「あんずの梅干し」、香川県「まんばのけんちゃん」、岐阜県「漬け物のステーキ」などの郷土料理まで紹介。掘り下げれば下げるほど、日テレの「秘密のケンミンショー」に近づいてしまうという残念な結果に。

   もっと残念だったのは、「日本を変えたニッポン人トイエバ?」でのこと。5位の織田信長を説明する際、家臣には豊臣秀吉や柴田利家がいるとナレーションで語られていたのだ。柴田利家?と思わず耳を疑ったが、画面の文字もそう書かれていた。柴田勝家と前田利家がごっちゃになったものなのだろうか!? 6位の北野武のところでも「コマンドール賞の<賞>の字が<章>になっていたし、あまりにも雑な仕事に驚いた。バラエティだからといって許されるものではない。今のテレビ番組はチェック機能がはたらいていない。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中