避難所の中学生に「Galaxy Tab」提供―薄暗くても勉強大丈夫

印刷

   避難所で生活する学生の学習事情が劣悪だ――と番組。岩手・釜石市のある避難所を訪れると、夜9時の消灯のあとで、避難所の一角を仕切った薄暗い勉強スペースで中学生が勉強していた。消灯後ということで、物音に気を使う。なかには、勉強スペースすらない避難所もあり、集中して勉強できる環境ではない。

   そんな現状を少しでも改善するべく、「間もなく強力な助っ人が登場する」(赤江珠緒キャスター)という。

各教科3年分の問題集インストール

   それはなにかとたずねたら、紙要らずで、本を持ち歩くよりは軽く、画面はけっこう大きくて、明るいので暗いところでも大丈夫――という最近流行りのアレである。しかも、最近は(スマートフォンで)リンゴより売れているというアンドロイドのアレである。

強力な助っ人

   なんでも、NTTドコモが「Galaxy Tab」を釜石市教委を通じて市内の避難所の中学生に提供する。近々、端末が配られる予定だ。なかには、各教科の中学3年間分の問題集、紙にして1000枚分がPDFでインストール済だという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中