トランポリン広田遥「引退するかどうか、20日の記者会見で話します」

印刷

   女子トランポリン選手の広田遥が、6月14日(2011年)各紙に掲載された「引退」報道について、15日のブログで不快感を表明した。

   広田は全日本選手権を2001年から2010年にかけて10連覇、2004年のアテネ五輪、2008年の北京五輪でも日本代表として出場を果たすなど、女子トランポリン界の第一人者として知られる。しかし5月の代表選考会では12位に終わり、2012年のロンドン五輪への出場が絶望的になったこともあって、引退を決意したと報じられていた。

   広田は報道について、「この記事内容は私の真意とは全く違っていて、私の取材もなく勝手な報道のされ方をしていて、とても残念に、そして悲しく思っています」とコメント。報道が先行したことに不満をにじませた。

   全ては20日の記者会見で明らかにするのことで、「私の本当の気持ちを皆様に聞いて頂きたいです。宜しくお願い致します」と理解を求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中